アダプティブテクノロジー

アダプティブテクノロジーとは


アダプティブテクノロジー(Adaptive Technologies)
代表: 鳥原(とりはら) 信一(しんいち) (Torihara, Shinichi)
住所: 〒242-0005 神奈川県大和市西鶴間3-5-6-703
電話: 050-3568-9321
Eメール: infodesk@adaptive-techs.com
アダプティブテクノロジーは、2007年11月1日
大和市社会福祉協議会ボランティアセンター
団体登録をしました。

「アダプティブテクノロジー」趣旨書

 1.目的

 「アダプティブテクノロジー」は、人間のあらゆる認知活動(感覚、感情、学問、情報、芸術、スポーツなど)に、人にやさしい工学(コンピューターとコンピューターとのネットワーク[インターネット]、人と人とのネットワーク[ヒューマンネット]、そしてインターネットとヒューマンネットとの統合)によって、人に役立つあらゆるアノテーション(説明、注釈、解説、案内・誘導など)を付与することで、すべての人を積極的に支援することを目的とする。

 2.活動分野

「アダプティブテクノロジー」は、上記の使命を達成するために、以下の活動を行なう。

  1. アノテーション=支援を必要としている人(身体障害者、高齢者、青少年、外国人など、すべての人)に、インターネット(Webページ、電子メールなど)、面談・電話・FAXなどにより、アノテーション=支援を行なう。
  2. 積極的に支援技術の啓蒙活動を行なう。
  3. インターネットとヒューマンネットワークによる、あらゆる支援活動を行なう。

 3.事業

「アダプティブテクノロジー」は、上記の使命を達成するために、以下の事業を行なう。

  1. Webページにおける情報に対してアノテーション(ルビ振りなど)を行なう。
  2. 電子メールにおける情報に対してアノテーション(ルビ振りなど)を行なう。
  3. 行政が推進する各種制度に基づき、視覚障害者などの誘導・ガイドサービスを行なう。
  4. 行政が推進する各種制度に基づき、障害者・高齢者の在宅ヘルパーサービス(代読、代筆、各種機器の操作指導及び代行をなど)を行なう。