オレオレ詐欺防止対策の調査
2. おれおれ詐欺対策電話調査 

2015年9月28日
アダプティブテクノロジー
三木清史  松本裕美子

振り込み詐欺や迷惑電話の対策機器には、大きく分けて次の3つのタイプがあります。
 1.アダプタータイプ
 2.電話機/ファクス内臓タイプ
 3.フォトフレームタイプ

1.アダプタータイプ
 既存の電話機と固定電話の回線の間に接続する小型の装置です。

2.電話機/ファクス内臓タイプ
 電話機/ファクスの本体に組み込まれているので、接続などの手間はかかりません。

3.フォトフレームタイプ
 デジタルフォトフレームに迷惑電話対策機能が組み込まれているもので、通常は写真表示に使用し、通話時には電話帳表示や迷惑電話対策として使用できるものです。

すでに使用している電話機やファクスをそのまま使用したい場合は、”1.アダプタータイプ” か “3.フォトフレームタイプ”を選択すると良いでしょう。
新たに電話機やファクスの購入を予定されている場合は、”2.電話機/ファクス内蔵タイプ” を選択されると良いでしょう。

【主な機能】
■警告メッセ―ジ
⇒電話をかけて来た相手に対して、自動応答により会話内容を録音することを伝えることで抑制効果を生じさせる機能です。

■録音機能
⇒相手との会話を録音するもので、自動的に録音されるものとボタン操作で録音するものがあります。
また、1件ずつ上書きされるものと一定件数を保存できるタイプがあります。

■警告表示
⇒通話許可する番号と拒否する番号をあらかじめ登録しておくことで、着信時にランプ表示などにより迷惑電話かどうかの区別ができる機能です。
電話を受けた後で許可番号または拒否番号として登録できます。
インターネットのサービスを利用して、迷惑電話をかけてくる相手の番号を共有することもできます。

詐欺対策電話調査結果_製品別
詐欺対策電話調査結果_製品別

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *