ヘルスケアウォッチ使用レポート「ムーヴバンド3」(三木)

2016年7月31日
三木清史

1. 選択理由

活動量を計測する機器は大きく3種類(時計型、リストバンド型、クリップ型)に分けることができる。筆者は複数の腕時計をその日の服装や気分によって使い分けているので、時計型以外から選択したい(両腕に時計はしたくない)と考えた。また、クリップ型(ベルトやポケットなどに装着するタイプ)は、帰宅後や就寝時に服を着替える度に付け直す必要があり面倒であると感じたので、リストバンド型からの選択に絞り込み、単独でも記録されたデータの確認ができて安価である「ムーヴバンド3」が手頃に使えると判断した。

ムーヴバンド3

【写真 :ムーヴバンド3】

 
2. 機能(できること)について

*** 「ムーヴバンド3」単体でできること ***

●歩数の管理(ふつうの速度と速歩きの区別される)
●あらかじめ設定した目標歩数に達したときに、バイブレータで通知される。
●消費カロリー計算、歩行距離換算
●睡眠の質の計測(深い睡眠、浅い睡眠)
●食事をした時刻の記録(手動でボタンを押す)
●アラーム機能(曜日ごとに時間設定が可能)

*** 専用アプリ(モバイル端末側)でできること ***

●歩数記録結果の表示(日にちごとの値)
●消費カロリーと移動距離表示(歩数をもとにした算出値)
●睡眠量と質をグラフにより確認できる
●アプリへのデータ転送は、指定時刻に自動転送する方法とアプリ側の操作で転送
 する方法の2種類。
 各データの推移はグラフ表示できる(日ごと時間ごとの切り替え)。
●他の機器との連携や手入力により、体重、体脂肪率、骨格筋率、体温、血圧、脈拍
 などを一元管理できる。
 

アプリ画面の例(iOS版)

【写真 :アプリ画面の例(iOS版)】

 
3. 使用してみた感想

●歩数と消費カロリーを随時確認でき、1日に歩いた量を意識するようになった。
●その日の活動量と食事(摂取したカロリー)とのバランスを考えるようになった。
●睡眠量や質の向上など、生活習慣を見直すきっかけ作りとして有効であると感じた。

 
4. 改善希望項目

●使用開始時にアプリをインストールした端末とのペアリングをしなくてはならず、
 単体だけでは使用できない。
 充電を忘れたときなどに再度ペアリングが求められるなど、同期を行う頻度が
 高く感じられる。単独でも使用できるようにして欲しい。
●ベルトの装着にコツが必要(2つの突起を穴にはめ込んで固定する)で、しっかり
 止めていないと気づかないうちに外れることがある。筆者は2度ほど紛失しかけた。
●日中の屋外では周辺が明るすぎるためにディスプレイの表意がほとんど見えない。
 手や庇を作るなど周辺光が入らないように影を作る必要がある。

 
5. 高齢者、視覚障害者の使用にあたって

●初期設定はモバイル端末のアプリ側で行う必要があるので、ある程度のITスキルが
 必要となる。
 アプリ側とのペアリングが完了すれば、装着しておくだけで自動的にデータが
 溜まる点と、データ転送が自動で行われるので操作はシンプルである。
●説明書は同梱されていないので、Webページなどから入手。
●ムーヴバンド本体には音声ガイド機能はなく、視覚以外での電源のON/OFF状態の
 確認手段がない。充電開始時と完了時はバイブレーションにて。
●アプリの音声読み上げ(Voice)対応は不十分で、画面に表示されている内容が
 読み上げられない箇所や、画面には表示されていない要素が読み上げられる
 などの課題を感じる。

以上

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *